2日

BEER EVENT

乾杯!

ミロクビールの男前ブルワーと、まめまめびーるの三枚目ブルワーの、ビール対談

(18:30~)

ビアジャッジの資格をもつ、ミロクビールの男前ブルワー岩城氏と、まめまめびーる中田雅也による、ザックバランなビール対談。ふたりがクラフトビールにはまったきっかけから、ビールのおいしいのみ方まで、焚火を囲んで(予定)、あるがままに語り合います。

LIVE  19:30~

LECIEL(ルシェル)

 

 2004年よりLECIEL(ルシェル)として活動する中でその実力に幅広いファン層が魅了されている。LIVE HOUSEやレストラン、ファッションショーの出演、ストリートと場所を問わず、その空間に彼女の歌声が響いた時に生まれる、独特な深みのある歌詞、力強く響く低音から徐々にクリアーになっていく高音、その中で瞬間的に生まれる世界観は彼女にしか創れないものがある。

様々な人間関係と彼女自身が歩んできた道、夢、仲間、恋愛観等を飾らないスタイルでソウルフルに歌い上げる。そんな独特の魅力を持つ彼女を感じれば二度と忘れられなくなる。

 

和太鼓  山賊(橄欖tribe)

松之木 天辺(まつのき てっぺん)

1998年より7年間、オペラ劇団・オペラシアターこんにゃく座の歌役者として活動。全国各地津々浦々、旅から旅の旅役者を経て、 2004年、「カワイイ子には旅をさせよ」と一座を飛び出す。以後、2004年よりコンテンポラリーダンスカンパニー「黒沢美香&ダンサーズ」、 2006年より「イデビアン・クルー」のダンサーとして踊りつつ、ストリップ劇場から帝国劇場までを股にかけ、ジャンル横断的に独自の道を猪突猛進中。

2017年春より、小豆島で「民泊teppen」、「Theater箱舟」を運営しつつ、創作活動を展開中。

 

3日

MUSIC, DJ and LIVE(終日)

Koichi Kawaguchi a.k.a Nerddelic Studio Works(日が暮れる頃)

Koichi Kawaguchi a.k.a Nerddelic Studio Worksは、音楽制作のほぼ全てをスタジオ内でかたずけるコンセプトのもと、90年代終わりごろから東京にて活動を始める。

作編曲、メディア音源制作、映像家との共作、音響芸術作品、舞台芸術作品への楽曲提供をメインに活動する。

20186月、未来を見据えた音楽制作活動と、音楽制作家としての新しいアプローチを試してみるべく、小豆島に移住し、島内外のアーティストとの作品を制作中。

 

テングリ

coming soon

大島圭太     

coming soon

SPECIAL DJ NIGHT(日が暮れた後)

この日のために集まった、島内外のDJチーム。

4日

小豆島スポーティーズ 特別企画

coming soon